オンブズマン志賀 小泉町長の学歴詐欺糾弾サイト
  • 偽造成績証明書と判決
  • 偽証明写真
  • 判決下る
嘘八百野郎/ペテン師町長 & 如何様名誉コンビ
志賀町長小泉勝。己が米国滞在大学生ビザ(査証)得ず,語学研修生として渡米し卒業証書/成績証明書が不存在を承知で 國〇弁へ同卒証等を手配し,得て議会全員協議会開示行使して町民愚弄した。
石田忠夫県議は,小泉勝の学歴詐称調査依頼者。チャツカリ小泉町長の後援会長要職になっていた。町長が学歴詐称である判決文と証拠資料を渡すものの断固と擁護している。
必殺偽造証明書制作仕事請負人と国際弁護士コンビ
あすわない法律事務所所長國○武二郎弁護士,志賀町長小泉勝ウッドジュニアカレッジ卒業しておらない旨承知で,公式成績証明書を新川麻に頼み公式模造成績証明書を議会で開示した。
新川麻弁護士の父親は外交官,その娘です。國〇弁より,米滞在日本人弁紹介を求められ岡本弁を紹介,取り寄せた証明書が落第値,米国滞番号不明な模造証明書を承知で行使。
偽造卒業証書&成績証明書請負人国際弁護士陣
ウッド短大破産管財人弁護士として,同短大を整理,その管財人として,元庶務長ジミーウイットへ小泉勝偽物成績証明書を公的機関へ届けさせた。
NY滞在国際弁護士として國〇弁護士から小泉勝の模造成績卒業証明書制作依頼を高額で受託,日本の國〇武二郎宛郵送。
Patriarch Tadao Ishida,a Veteran Member of Prefectural Assembly's Impressive Power
A member of an Ishikawa prefectural assembly, Mr. Tadao Ishida, who currently serves as a chairperson of a group of supporters for Mr. Masaru Koizumi, a mayor of Shika-Machi, Hakui County, once lost his bid to win an election for an assembly position in the Ishikawa Prefecture against Mr. Koizumi.

To avenge his loss, he conspired to accuse Mr. Koizumi of a violation of an election laws for public office by falsifying academic records, which constitutes criminal charge of making false public statements during election. He reached out to Ombudsman Shika to conduct an investigation into Mr. Koizumi’s academic records for a hundred sixty-million-yen.

9 years of research and subsequent hearing at a local municipal court in the United States resulted in a final court decree which declares that the disclosure of all of the evidences of academic records belonging to Mr. Koizumi Masaru to be counterfeit documents.

In the meantime, having already made amends with Mr. Koizumi and becoming a chairperson of his group of supporters, Mr. Ishida has hired fifteen attorneys from five law firms in an effort to obstruct a court hearing and for a prosecutor’s office to drop charges by applying pressures to protect Mr. Koizumi. As such, it is then evident that Mr. Tadao Ishida, a member of prefectural assembly, is a man of great stature.
長老石田忠夫ベテラン県議の力はすごい!
羽咋郡志賀町 町長小泉勝後援会々長は 石川県議会議員石田忠夫氏であるものの,当初県議会議員選挙で小泉勝氏に敗北しました。
その腹いせで,小泉氏を公職選挙法違反(虚偽事項の公示罪)学歴詐称で摘発を企て,オンブズマン志賀へ同氏の学歴調査費用160万円添えて依頼したものである。
そして調査米国現地裁判審理9年間を経て,小泉勝氏保有する卒業証明書の一切が模造の代物である旨裁判所終局判決である。
ところが,既に小泉氏とは仲直りして同氏の後援会々長であるが故,同氏の学歴詐称裁判に対し,5法律事務所の弁護士15人を雇って裁判審理の妨害や検察庁へ不起訴処分とする旨,圧力を掛け小泉氏を擁護している県議会議員・石田忠夫彼方は偉い人です。
米在留履歴無し、不存在学位取得して卒業
 ●画像をクリックすると拡大、更に画像の右下にあるアイコンをクリックで拡大します。
 ●画像をクリックすると拡大、更に画像の右下にあるアイコンをクリックで拡大します。
町議会学歴訴訟擁護
アメリカ 1番   偽学位論外だぜ!
ミシシッピー州ヒンズ群地方裁判所
JacksonMSヒンズ群地方裁判所
Mr.タイラー州公証人と判決文受領
裁判所セキュリティカウンター
 ●画像をクリックすると拡大、更に画像の右下にあるアイコンをクリックで拡大します。
志賀町長 小泉勝 語学研修生だった。
アメリカ 一カ月程度の観光滞在を除き学生ビザ(VISA) は,下記3分類されている。

➀ F-1 英語研修生ビザ (VISA)
➁ F-1 四年制大学生ビザ (VISA)
➂ M-1 職業訓練学校生ビザ(VISA)
F-1ビザは,米国の認定大学,私立高校や英語プログラムで教育を受ける学生が取得するビザです。
語学研修生 = Language Student
F-1 ビザ 米国の認定四年制(短大含む) 大学へ入学手続きする際にアメリカの入学希望する学校より I-20(在学証明書)又は,大学側から招聘状を取得する必要がある。
四年制大学生 = University Student
➂ M-1ビザは,デザイン/美容学校,飛行機操縦訓練学校などの職業訓練学校へ留学する。
専門学校生 = Specialized Student
※査証ビザには,それぞれのVISA番号が記載されており,その番号を成績卒業証明書のアメリカ滞在許可番号欄に記入するだけのこと。
虚偽記載もしくは不実記載をすると,ビザ申請資格を永遠に失います。
 渡米査証は国務省(Department od State) の管轄で,東京アメリカ大使館から発行され小泉勝の申請が認可されると査証(ビザ)の種類 ・ 有効期限などが明記された,この大学生留学ビザ見本が小泉勝パスポートへ貼付され,小泉勝(申請者)の元に返却されます。 此のビザ見本を得ておらないと不法滞在となって逮捕されてしまいます。

当時小泉勝がウッドジュニアカレッジ校から得たとする 卒業証書 に記載されている「Diploma in Associate of Applied Arts A.A.A.= Degree」 (応用美術准学士)なる学位,米国南部地区大学評価認定会 「Southern Association of Colleges and Schools Commission Colleges」 = SACSCOCより不認可だったのである。
 すると,小泉勝が提示した卒業証書,成績証明書,卒業生名簿,卒業アルバム写真, など4点は アメリカ社会で横行していた 偽学位販売組織(Diploma mill) から20~100万円 程度支払っ て得た模造の類である。 (これらを,石田忠夫県議へ証拠添え詳細説明済である。)
 ●画像をクリックすると拡大、更に画像の右下にあるアイコンをクリックで拡大します。
お問い合わせ

お名前(必須)

メールアドレス(必須)

題名

メッセージ本文

こちらの内容で送信します(チェックを入れて下さい)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
PAGETOP
Copyright © Ombudsman SHIKA All Rights Reserved.